サイトマップ | 連絡先 | IAjapan TOP
IAjapan 財団法人インターネット協会
有害情報対策ポータルサイト 迷惑メール対策編
  • 一般利用者の皆様へ
  • メール管理者の皆様へ
  • 関連情報
  • サイト紹介

page-30


A Report Receiver publishes such a record in its DNS if it wishes to
receive reports for other domains.

レポート受信者は、他のドメインに対するレポートの受信を望む場合、自身のDNSにそのようなレコードを公開する。


A Report Receiver that is willing to receive reports for any domain
can use a wildcard DNS record. For example, a TXT resource record at
“*._report._dmarc.example.com” containing at least “v=DMARC1″
confirms that example.com is willing to receive DMARC reports for any
domain.

任意のドメインに対するレポートの受信を望むレポート受信者は、ワイルドカードを使用したDNSレコードを使用することができる。例えば、少なくとも「v=DMARC1」を含む「*._report._dmarc.example.com」のTXTリソースレコードによって、example.comが任意のドメインに対してDMARCレポートの受信を望むことが確認される。


If the Report Receiver is overcome by volume, it can simply remove
the confirming DNS record. However, due to positive caching, the
change could take as long as the time-to-live (TTL) on the record to
go into effect.

レポート受信者が容量に対応できない場合、確認するDNSレコードを単に削除することができる。しかし、ポジティブキャッシュによって、変更が有効になるまでにレコードの生存期間(TTL)と同じくらい時間がかかる。


A Mail Receiver might decide not to enact this procedure if, for
example, it relies on a local list of domains for which external
reporting addresses are permitted.

例えば、この期間が、外部報告アドレスが許可されているドメインのローカルリストに依存する場合、メール受信者は、この手続きを実行しないように決めてもよい。

7.2. Aggregate Reports


The DMARC aggregate feedback report is designed to provide Domain
Owners with precise insight into:

7.2. 集約レポート

DMARCの集約フィードバックレポートは、ドメイン所有者が以下のことを正確に知ることができるように設計されている。


o authentication results,


o corrective action that needs to be taken by Domain Owners, and


o the effect of Domain Owner DMARC policy on email streams processed
by Mail Receivers.

o 認証結果

o ドメイン所有者側が行う必要がある是正措置

o メール受信者が処理する電子メールストリームに対するドメイン所有者のDMARCポリシーの効果


Aggregate DMARC feedback provides visibility into real-world email
streams that Domain Owners need to make informed decisions regarding
the publication of DMARC policy. When Domain Owners know what
legitimate mail they are sending, what the authentication results are
on that mail, and what forged mail receivers are getting, they can
make better decisions about the policies they need and the steps they
need to take to enable those policies. When Domain Owners set
policies appropriately and understand their effects, Mail Receivers
can act on them confidently.

DMARCの集約フィードバックは、ドメイン所有者がDMARCポリシーの公開について十分な情報を得た上で決める必要がある実際の電子メールストリームについて可視性を提供する。ドメイン所有者は、正規のメールが何を送信しているか、そのメールの認証結果が何であるか、さらには受信者がどのような偽装メールを得ているのかを知れば、必要とするポリシーやそのポリシーを可能にするために必要なステップに関してより良い決定を下すことができる。ドメイン所有者が適切にポリシーを設定し、その効果を把握していれば、メール受信者は自信を持ってポリシーを適用することができる。


Visibility comes in the form of daily (or more frequent) Mail
Receiver-originated feedback reports that contain aggregate data on
message streams relevant to the Domain Owner. This information
includes data about messages that passed DMARC authentication as well
as those that did not.

The format for these reports is defined in Appendix C.

可視性は、メール受信者が1日1回(さらに頻繁に)生成するドメイン所有者に関連するメッセージストリームに関する集約データを含むフィードバックレポートという形をとる。この情報には、DMARC認証に失敗となるメッセージとともに成功するメッセージに関するデータも含まれている。

このレポートのフォーマットは、付録Cで定義する。

[Page 30]

《PREV》
1  2  3  5  7  12  15  16  28  39  42  46  49  52  56  60  73

 
リンク・転載・引用・ロゴ使用について | プライバシーポリシー | IAjapanについて | 連絡先