サイトマップ | 連絡先 | IAjapan TOP
IAjapan 財団法人インターネット協会
有害情報対策ポータルサイト 迷惑メール対策編
  • 一般利用者の皆様へ
  • メール管理者の皆様へ
  • 関連情報
  • サイト紹介

page-62


As a first step, it will ask that a portion (1/4 in this example) of
failing messages be quarantined, enabling examination of messages
sent to mailboxes hosted by participating receivers. Aggregate
feedback reports will be sent to a mailbox within the Organizational
Domain, and to a mailbox at a third party selected and authorized to
receive same by the Domain Owner. Aggregate reports sent to the
third party are limited to a maximum size of ten megabytes.

最初のステップとして、ドメイン所有者は、失敗となるメッセージの一部(この例の場合は1/4)を検疫し、DMARCを適用するメール受信者が所有するメールボックスに送信されたメッセージの調査が可能となるように依頼する。集約フィードバックレポートが、組織ドメインのメールボックスと、ドメイン所有者が同じメールを受信するように選択、許可したサードパーティのメールボックスに送信される。サードパーティに送信された集約レポートは、最大で10メガバイトに制限される。


The Domain Owner will accomplish this by constructing a policy record
indicating that:


o The version of DMARC being used is “DMARC1″ (“v=DMARC1″)


o It is applied only to this subdomain (record is published at
“_dmarc.test.example.com” and not “_dmarc.example.com”)


o Receivers should quarantine messages from this Organizational
Domain that fail to authenticate (“p=quarantine”)

これらは、ドメイン所有者が、以下のことを示すポリシーレコードを構成することによって実施される。

o 使用するDMARCのバージョンは「DMARC1」(「v=DMARC1」)である

o ポリシーレコードは、このサブドメインのみに適用される(レコードは「_dmarc.example.com」ではなく、「_dmarc.test.example.com」で公開される)。

o メール受信者は、認証失敗となるこの組織ドメインからのメッセージを検疫するべきである(「p=quarantine」)。


o Aggregate feedback reports should be sent via email to the
addresses “dmarc-feedback@example.com” and
“example-tld-test@thirdparty.example.net”, with the latter
subjected to a maximum size limit (“rua=mailto:dmarc-feedback@
example.com,mailto:tld-test@thirdparty.example.net!10m”)


o 25% of messages from this Organizational Domain are subject to
action based on this policy (“pct=25″)

o 集約フィードバックレポートが、電子メールでアドレス「dmarc-feedback@example.com」および「example-tld-test@thirdparty.example.net」に送信されるが、後者には最大サイズを適用するべきである(「rua=mailto:dmarc-feedback@ example.com,mailto:tld-test@thirdparty.example.net!10m」)。

o この組織ドメインからのメッセージの25%には、このポリシー(「pct=25」)に基づいた動作を適用する。


The DMARC policy record might look like this when retrieved using a
common command-line tool (the output shown would appear on a single
line but is wrapped here for publication):


     % dig +short TXT _dmarc.test.example.com
     "v=DMARC1; p=quarantine; rua=mailto:dmarc-feedback@example.com,
      mailto:tld-test@thirdparty.example.net!10m; pct=25"

DMARCポリシーレコードは、一般的なコマンドラインツールを使用して読み出される場合、これに類似すると思われる。(これは1行で出力されるが、本文書に記載するため折り返して表示する。)

     % dig +short TXT _dmarc.test.example.com
     "v=DMARC1; p=quarantine; rua=mailto:dmarc-feedback@example.com,
      mailto:tld-test@thirdparty.example.net!10m; pct=25"


To publish such a record, the DNS administrator for the Domain Owner
might create an entry like the following in the appropriate zone
file:

そのようなレコードを公開するために、ドメイン所有者のDNS運用者は、適切なゾーンファイルに以下のようなエントリを生成することが可能である。


; DMARC record for the domain example.com


     _dmarc IN  TXT  ( "v=DMARC1; p=quarantine; "
                       "rua=mailto:dmarc-feedback@example.com,"
                       "mailto:tld-test@thirdparty.example.net!10m; "
                       "pct=25" )

; ドメインexample.comのDMARCレコード

     _dmarc IN  TXT  ( "v=DMARC1; p=quarantine; "
                       "rua=mailto:dmarc-feedback@example.com,"
                       "mailto:tld-test@thirdparty.example.net!10m; "
                       "pct=25" )

[Page 62]

《PREV》
1  2  3  5  7  12  15  16  28  39  42  46  49  52  56  60  73

 
リンク・転載・引用・ロゴ使用について | プライバシーポリシー | IAjapanについて | 連絡先