サイトマップ | 連絡先 | IAjapan TOP
IAjapan 財団法人インターネット協会
有害情報対策ポータルサイト 迷惑メール対策編
  • 一般利用者の皆様へ
  • メール管理者の皆様へ
  • 関連情報
  • サイト紹介

page-37

7.3.1. Reporting Format Update


Operators implementing this specification also implement an augmented
version of [AFRF] as follows:


1. A DMARC failure report includes the following ARF header fields,
with the indicated normative requirement levels:

7.3.1. 報告フォーマットの更新

本仕様を実装する運用者は、以下の通り、[AFRF] の増補版も実装する。

1. DMARC失敗レポートには、指示された標準要件レベルで、以下のARFヘッダフィールドを含める。


* Identity-Alignment (REQUIRED; defined below)


* Delivery-Result (OPTIONAL)


* DKIM-Domain, DKIM-Identity, DKIM-Selector (REQUIRED if the
message was signed by DKIM)

* Identity-Alignment (必須、以下に定義) (REQUIRED)

* Delivery-Result (任意)

* DKIM-Domain, DKIM-Identity, DKIM-Selector (メッセージがDKIMで署名されている場合は必須) (REQUIRED)


* DKIM-Canonicalized-Header, DKIM-Canonicalized-Body (OPTIONAL
if the message was signed by DKIM)


* SPF-DNS (REQUIRED)

* DKIM-Canonicalized-Header, DKIM-Canonicalized-Body (メッセージがDKIMで署名されている場合は任意) (OPTIONAL)

* SPF-DNS (必須) (REQUIRED)


2. The “Identity-Alignment” field is defined to contain a comma-
separated list of authentication mechanism names that produced an
aligned identity, or the keyword “none” if none did. ABNF:

2. 「Identity-Alignment」フィールドには、識別子がイン・アライメントとなった認証メカニズム名をコンマで区切ったリストで含め、イン・アライメントとなった認証メカニズムがない場合はキーワード「none」を含めるように定義する。ABNFは以下の通りである。


     id-align     = "Identity-Alignment:" [CFWS]
                    ( "none" /
                      dmarc-method *( [CFWS] "," [CFWS] dmarc-method ) )
                    [CFWS]

     dmarc-method = ( "dkim" / "spf" )

                    ; each may appear at most once in an id-align
     id-align     = "Identity-Alignment:" [CFWS]
                    ( "none" /
                      dmarc-method *( [CFWS] "," [CFWS] dmarc-method ) )
                    [CFWS]

     dmarc-method = ( "dkim" / "spf" )

                    ; それぞれ、id-alignに1回まで含めてよい。


3. Authentication Failure Type “dmarc” is defined, which is to be
used when a failure report is generated because some or all of
the authentication mechanisms failed to produce aligned
identifiers. Note that a failure report generator MAY also
independently produce an AFRF message for any or all of the
underlying authentication methods.

3. 認証失敗タイプ「dmarc」を定義し、認証メカニズムの一部または全部がイン・アライメントである識別子を生成できないために失敗レポートを作成する場合に使用する。また、失敗レポート作成者は、基本の認証方法の一部または全部に対してAFRFメッセージを独立して生成してもよい(MAY)ことに留意していただきたい。

8. Minimum Implementations


A minimum implementation of DMARC has the following characteristics:


o Is able to send and/or receive reports at least daily;


o Is able to send and/or receive reports using “mailto” URIs;

8. 必要最小限の実装

DMARCを最小限で実装した場合、以下の特徴がある。

o 少なくとも1日1回レポートを送信および/または受信することができる。

o 「mailto」URIを使用してレポートを送信および/または受信することができる。

[Page 37]

《PREV》
1  2  3  5  7  12  15  16  28  39  42  46  49  52  56  60  73

 
リンク・転載・引用・ロゴ使用について | プライバシーポリシー | IAjapanについて | 連絡先