サイトマップ | 連絡先 | IAjapan TOP
IAjapan 財団法人インターネット協会
有害情報対策ポータルサイト 迷惑メール対策編
  • 一般利用者の皆様へ
  • メール管理者の皆様へ
  • 関連情報
  • サイト紹介

page-18


fo: Failure reporting options (plain-text; OPTIONAL; default is “0″)
Provides requested options for generation of failure reports.
Report generators MAY choose to adhere to the requested options.
This tag’s content MUST be ignored if a “ruf” tag (below) is not
also specified. The value of this tag is a colon-separated list
of characters that indicate failure reporting options as follows:

fo: 失敗報告オプション(プレーンテキス卜、任意、デフォルト値:「0」)。失敗レポート作成の要求オプションを提供する。レポート作成者は、要求オプションに従うように選択してもよい(MAY)。また、このタグの内容は、「ruf」タグ(以下に記載)が指定されていない場合は、無視しなければならない(MUST)。「fo」タグの値は、コロンで句切られた文字列であり、以下のように失敗報告オプションを示す。


0: Generate a DMARC failure report if all underlying
authentication mechanisms fail to produce an aligned “pass”
result.

0: すべての基本の認証メカニズムで、アライメントの結果が「成功」にならない場合、DMARC失敗レポートを作成する。


1: Generate a DMARC failure report if any underlying
authentication mechanism produced something other than an
aligned “pass” result.

1: いずれかの基本の認証メカニズムで、アライメントの結果が「成功」以外となる場合、DMARC失敗レポートを作成する。


d: Generate a DKIM failure report if the message had a signature
that failed evaluation, regardless of its alignment. DKIM-
specific reporting is described in [AFRF-DKIM].

d: アライメントの結果に関係なく、署名が判定に失敗となる場合、DKIM失敗レポートを作成する。DKIM特有の報告については[AFRF-DKIM]に記載される。


s: Generate an SPF failure report if the message failed SPF
evaluation, regardless of its alignment. SPF-specific
reporting is described in [AFRF-SPF].

s: アライメントの結果に関係なく、メッセージがSPF判定に失敗となる場合、SPF失敗レポートを作成する。SPF特有の報告については[AFRF-SPF]に記載される。


p: Requested Mail Receiver policy (plain-text; REQUIRED for policy
records). Indicates the policy to be enacted by the Receiver at
the request of the Domain Owner. Policy applies to the domain
queried and to subdomains, unless subdomain policy is explicitly
described using the “sp” tag. This tag is mandatory for policy
records only, but not for third-party reporting records (see
Section 7.1). Possible values are as follows:

p:メール受信者に要求されるポリシー(プレーンテキスト、ポリシーレコードに対して必須) (REQUIRED)。ドメイン所有者の要求に応じて受信者が適用するポリシーを示す。ポリシーは、問い合わせたドメインに適用され、「sp」タグを使用してサブドメインのポリシーを明示的に記述しない場合は、サブドメインにも適用される。pタグはポリシーレコードに対してのみ必須であるが、サードパーティの報告用のレコード(7.1節を参照)に対しては必須ではない。可能値は以下の通りである。


none: The Domain Owner requests no specific action be taken
regarding delivery of messages.

none: ドメイン所有者は、メッセージの配信に関して特に処理を行わないよう要求する。


quarantine: The Domain Owner wishes to have email that fails the
DMARC mechanism check be treated by Mail Receivers as
suspicious. Depending on the capabilities of the Mail
Receiver, this can mean “place into spam folder”, “scrutinize
with additional intensity”, and/or “flag as suspicious”.

quarantine: ドメイン所有者は、DMARCのメカニズムによる判定に失敗となる電子メールを不審なメールとしてメール受信者に処理してもらうことを望む。これは、メール受信者の機能に応じて、「スパムフォルダに入れる」、「さらに強化して検査する」および/または「不審なメールとしてフラグを立てる」ことを意味する。


reject: The Domain Owner wishes for Mail Receivers to reject
email that fails the DMARC mechanism check. Rejection SHOULD
occur during the SMTP transaction. See Section 10.3 for some
discussion of SMTP rejection methods and their implications.

reject: ドメイン所有者は、メール受信者にDMARCのメカニズムによる判定に失敗となる電子メールを拒否してもらうことを望む。電子メールの拒否は、SMTPトランザクションの間に行うべきである(SHOULD)。SMTPで拒否する方法とその実装に関しては、10.3節を参照していただきたい。


pct: (plain-text integer between 0 and 100, inclusive; OPTIONAL;
default is 100). Percentage of messages from the Domain Owner’s
mail stream to which the DMARC policy is to be applied. However,

pct: (プレーンテキスト、整数型、0~100(境界値を含む)、任意、デフォルト値:100)。DMARCポリシーが適用されるドメイン所有者のメールストリームからのメッセージの割合である。

[Page 18]

《PREV》
1  2  3  5  7  12  15  16  28  39  42  46  49  52  56  60  73

 
リンク・転載・引用・ロゴ使用について | プライバシーポリシー | IAjapanについて | 連絡先