サイトマップ | 連絡先 | IAjapan TOP
IAjapan 財団法人インターネット協会
有害情報対策ポータルサイト 迷惑メール対策編
  • 一般利用者の皆様へ
  • メール管理者の皆様へ
  • 関連情報
  • サイト紹介

page-17


Each URI can have associated with it a maximum report size that may
be sent to it. This is accomplished by appending an exclamation
point (ASCII 0×21), followed by a maximum-size indication, before a
separating comma or terminating semicolon.

各URIは、URI宛に送信されるレポートのサイズ最大値と関連付けることができる。これは、感嘆符(ASCIIコード0×21)を追加して、その後にサイズ最大値を記述してコンマで区切るか、あるいはセミコロンで終端することによって実現する。


Thus, a DMARC URI is a URI within which any commas or exclamation
points are percent-encoded per [URI], followed by an OPTIONAL
exclamation point and a maximum-size specification, and, if there are
additional reporting URIs in the list, a comma and the next URI.

したがって、DMARC URIは、[URI]毎にコンマまたは感嘆符がパーセントエンコードされ、任意の感嘆符とサイズ最大値の指定が続き、さらにリスト内に他の報告URIが存在する場合は、コンマを追加後に次のURIを指定する。


For example, the URI “mailto:reports@example.com!50m” would request
that a report be sent via email to “reports@example.com” so long as
the report payload does not exceed 50 megabytes.

例えば、URI「mailto:reports@example.com!50m 」は、レポートのペイロードが50メガバイトを超えない限り、「 reports@example.com」に電子メールでレポートを送信するように要求している。


A formal definition is provided in Section 6.4.

6.4節にフォーマット定義を記載する。

6.3. General Record Format


DMARC records follow the extensible “tag-value” syntax for DNS-based
key records defined in DKIM [DKIM].

6.3. レコードの一般フォーマット

DMARCレコードは、DKIM [DKIM]で定義されるDNSベースの主要なレコードに対して拡張可能な「tag-value」構文に従う。


Section 11 creates a registry for known DMARC tags and registers the
initial set defined in this document. Only tags defined in this
document or in later extensions, and thus added to that registry, are
to be processed; unknown tags MUST be ignored.

11節では、既知のDMARCタグ用にレジストリを生成し、本文書に定義する初期値を登録する。本文書または今後の拡張版で定義して、そのレジストリに加えたタグのみが処理されることになる。不明なタグは無視しなければならない(MUST)。


The following tags are introduced as the initial valid DMARC tags:


adkim: (plain-text; OPTIONAL; default is “r”.) Indicates whether
strict or relaxed DKIM Identifier Alignment mode is required by
the Domain Owner. See Section 3.1.1 for details. Valid values
are as follows:


r: relaxed mode


s: strict mode

有効なDMARCタグの初期値として、以下のタグを設定する。

adkim: (プレーンテキス卜、任意、デフォルト値:「r」)。strictまたはrelaxedのどちらのDKIMの識別子アライメントモードがドメイン所有者によって要求されているかを示す。詳細は、3.1.1節を参照していただきたい。有効値は以下の通りである。

r: relaxedモード

s: strictモード


aspf: (plain-text; OPTIONAL; default is “r”.) Indicates whether
strict or relaxed SPF Identifier Alignment mode is required by the
Domain Owner. See Section 3.1.2 for details. Valid values are as
follows:


r: relaxed mode


s: strict mode

aspf: (プレーンテキス卜、任意、デフォルト値:「r」)。strictまたはrelaxedのどちらのSPFの識別子アライメントモードがドメイン所有者によって要求されているかを示す。詳細は、3.1.2節を参照していただきたい。有効値は以下の通りである。

r:relaxedモード

s:strictモード

[Page 17]

《PREV》
1  2  3  5  7  12  15  16  28  39  42  46  49  52  56  60  73

 
リンク・転載・引用・ロゴ使用について | プライバシーポリシー | IAjapanについて | 連絡先